研究会シンポジウム実績太田ステージの紹介

5.太田ステージ研究会シンポジウム実績

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回    


第2回 1995年6月24日(土) 全林野会館
   
 シンポジウム 司会 太田昌孝
テーマ:発達障害における医療の役割
(1)
児童精神科病院における現状と課題
都立梅ヶ丘病院 市川宏伸
(2)
大学病院精神科における現状と課題
奈良県立医科大学精神神経科 飯田順三
(3)
国立の精神病院における現状と課題
国立療養所賀茂病院 滝沢韶一
 一般研究報告
(1)
認知発達に即したプログラムによって相互交渉を図ったStageⅠの一事例
東京都立立川養護学校 立松英子
(2)
数・量に関する理解を促す指導
横浜国立大学教育学部附属養護学校
石丸恵理子
(3)
精神遅滞児に対する認知発達学習の取り組みについて ―StageⅢ-1の生徒の指導事例―
厚木市立依知中学校 石川茂行
(4)
発達障害児の不適応行動と認知発達・年齢との関係について ―思春期の指導に焦点をあてて―
東京都立七生養護学校研究グループ 片田啓
(5)
StageⅣの上限を決めるための前調査
―普通児のLDT―全国療育相談センター
武藤直子
(6)
生活の質の向上のための構成要素(日常生活行動、作業、異常行動)の検討
社会福祉法人けやきの郷初雁の家
佐々木敏宏
(7)
重症心身障害児(者)における認知発達段階別指導
都立東大和療育センター 亀井真由美