研究会シンポジウム実績太田ステージの紹介

5.太田ステージ研究会シンポジウム実績

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回    


第16回 2006年1月28日(土) 北とぴあ
   
 シンポジウム 司会 太田昌孝
テーマ:高機能発達障害について多職種間での共通理解を得るには ―行動障害のとらえ方と対処について―
(1)
高機能発達障害について多職種間での共通理解を得るためには
 ―行動障害のとらえ方と対処について―
奈良教育大学 岩坂英巳
(2)
小・中学校における特別支援教育を支える関係機関との連携
独立行政法人国立特殊教育総合研究所
笹森洋樹
(3)
多職種間で共通の理解を得るには 「つなぐ」「集まる」「穴埋め」「認める」アイデアから
長野県精神保健福祉センター 日詰正文
教育講演
「児童・思春期のこころの発達」
静岡県立大学 永井洋子
 一般研究報告
(1)
発達障害児の合宿における意義と留意点
 ―Stage別の観点からの考察―
全国療育相談センター 深野記子
(2)
知的障害養護学校におけるステージⅣの生徒の指導例
 ―平面の位置関係の理解を中心に―
桐生市立養護学校 大澤一弘
(3)
教育支援センター(適応指導教室)における経度発達障害の問題について
厚木市教育委員会青少年教育相談センター 石川茂行